ごあいさつ
Message from Principal

ごあいさつ

愛ある人として
Girls for Others,
with Others

校長  林 和
Kazuko Hayashi

湘南白百合学園中学・高等学校は、遠くに富士山、近くに江ノ島と湘南海岸を見渡す高台にあり、校舎からは毎日異なる空の色や雲の形を楽しむことができます。緑豊かな環境は、「学習の場」としてふさわしいだけでなく、未来を切り拓こうとする生徒の「心身の成長の場」としての価値を感じていただけるものです。

今、社会は、グローバル化、デジタル化の波の中で、成長と模索が続いています。社会の大きな変化、科学技術の急速な進展、複雑化する国際情勢は未来社会への予測を難しくしています。また大きな災害や感染症がそれまでの生活様式を瞬時に変え、時代を大きく進めることを私達は実感しました。

このような未来を生きる生徒たちに求められる力とは、自分の考えを持ち、個として自立した上で、互いを受け入れ尊重しながら、問題を見つけ解決する力でしょう。湘南白百合学園の生徒たちは主体的で、新たな課題にもひるまず挑戦する伸びやかさがあります。水平線の彼方に自分の進むべき将来を描き、高く広い空のもと、自分の可能性を探ることができるこのキャンパスで過ごされる6年間を、私たちは支えてまいります。

包容する愛を持って他者と共感し合う感性は、多様な価値観が混在する現代社会において、最も求められる資質です。自分だけのためではなく、誰かのために、それが湘南白百合学園が大切にしてきた愛ある心です。

本質を見極め、常にイノベーティブであり続ける「真理に根差した教育」は、時代とともにその価値と輝きを増してきました。本校は「愛ある人として」をミッションとして掲げ、15年後の創立100周年に向けて前進と挑戦を続けて参ります。

林和校長の写真