ごあいさつ
Message from Principal

ごあいさつ

愛ある人として
Girls for Others,
with Others

校長  谷口 貞女
Sadame Taniguchi

湘南白百合学園は遠くに富士山、近くに江ノ島と湘南海岸を見下ろす高台にあり、校舎からは、毎日異なる空の色や雲の形を楽しむことができます。このような恵まれた環境下、本学園が創立以来一貫して掲げ実践してきた、真理に根差した教育は、時代とともにその価値と輝きを増し、16年後の創立100周年に向けてさらなる前進と挑戦を続けています。

今社会は、あらゆる領域でグローバル化、デジタル化の波の中で、成長と模索が続いています。社会の大きな変化、科学技術の急速な進展、複雑化する国際情勢は、未来社会への予測を難しくしています。そして1つの出来事がそれまでの生活様式を瞬時に変え、時代を大きく進めることを私たちは実感しました。

このような未来に生きる生徒たちに求められる力とは、自分の考えを持ち、個として自立した上で、協力し、互いを尊重しながら、課題を解決する力でしょう。包容する愛をもって他者を尊重し、受け入れ、協力する感性は、グローバル化の加速により多様化が進む現代社会において、最も求められる資質です。湘南白百合学園の生徒たちは思慮深く、人との関係性を大切にしますが、それと同時に主体的で、新たな課題にもひるまず挑戦する伸びやかさがあります。恵まれた環境の中、愛されて育つことで、自分に与えられた能力に気付き、それを互いに伸ばし合う穏やかな空気感に満たされています。

湘南白百合学園の学びは、「愛ある人として」考え、行動し、生きていくという人生の指針をもとに、共に考え、共に成長していくことを目指します。長い伝統がもたらす安定感を基盤に、時代の変化に敏感に対応し、常にイノベーティブであり続ける湘南白百合学園は、幸福な自己実現の鍵となるはずです。

谷口貞女校長の写真